大宮西口くしひき整骨院|疲れない体を作る

query_builder 2020/12/18
スタッフブログ
疲れない体

おはようございます。


本日も朝は、冷たい風が吹き寒いですね~ 風邪など、体調を崩さないように気を付けてくださいね~


コロナにかかってしまう方が、昨日、800人越えで、 過去最高とのことでした。


気をつけようとは、思っても、こうなってくると、いつ、なんどき、誰が、かかってしまっても、不思議では、無いですよね…  


今日は、前回の続きで、疲れない体をつくる為に!です。  


筋肉をつけたいところとしては、腹筋、背筋、太ももで、柔軟性を保ちたいところは、背面、股関節、膝裏、この部分に特に、アプローチをしたいです。  


腹筋は、体の中心を支える筋肉なので、衰えると、腰に負担がかかり、腰痛になったりする。鍛えることで、姿勢が良くなり、長時間、同じ体制でも疲れにくくなります。


背筋は、これも、正しい姿勢を保つために必要な筋肉になります。


重いものを持ち上げるときなど、腕を動かすときに使います。


鍛えると、姿勢をよくするとともに、はつらつとした印象に。肩こりや、背中の痛みの改善もできます。


太ももは、歩行や、日常動作に欠かせないものです。大きい筋肉なので、鍛えることにより、基礎代謝が上がり、全身が活性化します。体重をうまく支えられるようになると、様々な姿勢がとれるようになるし、転倒しそうになっても、踏ん張れるようになる。  


背面は、背中から腰、お尻、太ももにかけては、放っておくと、こわばってしまう。


そうなってしまうと、倦怠感、疲れを感じてしまう。


そうならないために、こまめに、ストレッチをして、柔軟性を保つ。


それにより、いきいきとした体を保てるし、猫背の改善にもなる。


股関節は、骨盤と、太ももの骨のつなぎ目である。


運動不足になってしまうと、可動域がせまくなってしまう。


そうすると、膝や、足首に負担がかかってしまい、疲労がたまってしまう。骨盤周辺の筋肉をほぐすことにより、可動域が広がり、それにより、血液や、リンパの流れも良くなる。


膝裏は、ストレッチの際に見落としがちな、膝裏ですが、ここが、しっかり伸びていると、膝の動きがスムーズになり、歩きやすくなる。


歩幅も広くなるし、より多くの筋肉を使えるようになるので、足腰が強くなる。


このように、疲れないために、筋肉をつけたいところ、柔軟性を保ちたいところにアプローチをして、疲れない体をつくる。


そのためには、筋トレでしっかり筋肉をつけることと、ストレッチで柔軟性を保つことが大切なんです。


くしひき整骨院では、ストレッチをメインとしています。


骨盤矯正や、猫背矯正などの矯正もおこなっています。


是非、一度、お越しになって、試してみてください。


電話をかける(0486277903)

NEW

  • 大好評!EMSフリーパス!

    query_builder 2021/08/16
  • 骨盤矯正+EMSでシェイプアップ!

    query_builder 2021/08/09
  • 骨盤矯正で美姿勢に♪

    query_builder 2021/08/02
  • はじめまして。

    query_builder 2021/08/11
  • 最後のマヤ暦です~ありがとうございました~K234

    query_builder 2021/08/05

CATEGORY

ARCHIVE