大宮くしひき整骨院|そろそろハロウィンですね

query_builder 2020/10/10
スタッフブログ
ハロウィン

おはようございます。


くしひき整骨院の三浦です。


今日も、肌寒い一日になりそうですね~


台風は、関東には、来なさそうですが、風の影響が少しありそうですね(>_<)  


あっという間に、10月ですね~ 10月といえば、ハロウィンですが、


そもそも、ハロウィンって、どういうものなんだろうと思い、調べてみました。


ハロウィンというのは、キリスト教の祝日の一つだそうです。


すべての聖人と殉職者を記念する「諸聖人の日」の前夜祭に当たる行事。  


故人を偲ぶという目的でいうと、日本でいう、お盆と同じような意味ともいえるそうです。


所説ありますが、もともとハロウィンというのは、古代ケルト人の儀式「サウィン祭」という秋の収穫祭が起源といわれています。  


古代ケルトでは、11月1日が新年とされているそうです。


つまり、日本でいうと、大晦日にあたるのが、10月31日にあたるそうです。


その夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていたそうです。


その、家族が、会いに来てくれる時に、



有害な精霊や、悪霊、魔女といった良くないもの まで来てしまい、


悪運を運んできたり、いたずらをされるため


魔女、ゴースト、ゾンビ、といった恐ろしい怪物や怖いものに仮装したり、魔よけの焚火も炊いたそうです。


仮装するのは、悪霊と同化して、災いを遠ざけるという意味もあるようです。


ちなみに、日本では、ハロウィンイベントで仮装パレードや、コンテストが行われ、個性豊かな仮装を楽しんでいます。  


あと、ハロウィンのシンボルとしてよく目にするのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタンですよね。


これも名前がついていて、ジャック・オー・ランタンというというそうです。 


ジャックとは、アイルランドの物語に登場する男の名前だそうです。


生前、悪いことばかりしていたジャック。


魂を取ろうとやってきた悪霊を騙したため、地獄に堕ちることもできず、死んだ後もランタンに火を灯して闇夜を歩き続けた。


というお話だそうです。


ちなみに、もともとは、かぼちゃではなく、カブだったそうですが


、アメリカにハロウィンが伝わってからかぼちゃになったそう。


ジャック・オー・ランタンというのは、日本でいう鬼火のような存在だそうで、怖い顔にくり抜いて部屋の窓辺などに飾ると魔除けの役割を果たし、悪霊を怖がらせて追い払えるそうです。


今年はコロナウイルスで外での仮装は厳しくなりそうですが、


ご自宅で家族や友人と静かにハロウィンを楽しむのも良いですね。



NEW

  • 大宮西口くしひき整骨院|秋の寝違え

    query_builder 2020/10/27
  • 身体に癒しを~貸し切り施術はじめます|大宮西口くしひき整骨院

    query_builder 2020/10/27
  • 癒しと健康の足つぼのマッサージ|大宮西口くしひき整骨院

    query_builder 2020/10/22
  • 秋の七草|大宮西口くしひき整骨院

    query_builder 2020/10/21
  • 大宮くしひき整骨院|秋の肩こり

    query_builder 2020/10/21

CATEGORY

ARCHIVE