【大宮整骨院 春の冷え性に気を付けましょう!】大宮くしひき整骨院

query_builder 2022/03/26
ブログ
冷え症


ここ最近は暖かい日がだんだん増えてきて、春を感じるようになりましたね。

しかし春になっても、手足やつま先などが冷えている方もいます。

 

そこで今回は、春に行う冷え性対策について、お話していきたいと思います。

 

参考になりましたら何よりです。



春の冷え性の原因

 

自律神経の乱れ

 

春は進学や卒業、就職、転職、異動、引越しなど、ライフスタイルの変化が増える時期です。また、気圧や気温の変化も激しく、疲れや不調を招きやすくなります。これらの影響によって、「自律神経の乱れ」が起こりやすくなるのです。

自律神経は血行をコントロールしているため、バランスが悪くなると冷え性になりやすくなります。

 

冬の運動不足

 

冬になると運動が億劫になって、運動不足になる方は多いかと思います。運動不足のまま過ごしてしまうと筋肉量は減り、血行が悪くなってしまいます。

特に今は「テレワークの普及」や「巣ごもり生活」により、運動不足からくる冷え性に悩む方が増えています。



春の冷え症対策

 

身体を温める

 

全身の筋肉の約70%が下半身に集中しています。太ももや腰などを「入浴」や「カイロ」などで、温めてあげましょう。

 

※カイロを同じ部位に長時間あて続けてしまうと、低温やけどを招く恐れがあります。使用する際は気を付けましょう。

 

寒暖差に対応できるファッションを楽しむ

 

春になると昼間は暖かくなりますが、朝や夜になると寒い時もあります。

スプリングコート1枚だけではなく、インナーやストール、カーディガン、パーカー、タイツ、レギンスなどのアイテムを複数組み合わせるようにしましょう。特にフルジップパーカーや、ボタンがないカーディガン・ジャケットなどは、脱ぎ着しやすいためオススメです。

 

こまめな運動

 

運動不足の状態が続くと、筋肉量が減って血行が悪くなります。筋肉量が減ると体内の熱がうまく作れなくなるため、冷え性へ繋がります。

普段運動する習慣があまりない方は「10分程度の朝散歩」や「エレベーターやエスカレーターではなく階段を利用する」「最寄り駅より一つ前の駅に降りて歩く」など、無理のないところから始めていきましょう。

 

規則正しい生活

 

ライフスタイルの変化が多く忙しい時期でも、「早寝早起き」と「1日3食きちんと食べること」は忘れずに心がけていきましょう。

ショウガ入り紅茶や黒豆茶などの飲み物や、人参や玉ネギ、ゴボウ、納豆、キムチ、玄米などの食べ物は特に、身体を温める効果がありますので、積極的に料理に取り入れることをオススメします。

 

 

 

 


NEW

  • 【大宮整骨院 お尻や足のしびれ】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/21
  • 【大宮整骨院 梅雨時の坐骨神経痛】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/16
  • 【大宮 整骨院 梅雨のだるさ】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/14
  • 【大宮整骨院 睡眠の質】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/02
  • 【大宮整骨院 いい汗かいてますか?】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/05/30

CATEGORY

ARCHIVE