【大宮整骨院冬は陽性食品をとりましょう】大宮くしひき整骨院

query_builder 2022/01/29
ブログ
野菜


寒さがまだまだ続く1月。温かい春が来るまで、身体を温めて健康的に乗り越えたいですよね。そこで今回は、東洋医学における「陽性食品」と、「陰性食品」について、お話していきたいと思います。

東洋医学では身体を温める食品のことを「陽性」、身体を冷やす食品のことを「陰性」とそれぞれ呼ばれています

寒くなる冬では特に、「陽性食品」を積極的に摂ることをおすすめします。

それぞれの食品について知り、身体の冷えをなくしていきましょう!

 

【陽性の食品と ?】

 

東洋医学では、寒い土地で育ったもので、身体を温める食品のことを「陽性食品」と呼んでいます。また、暖色や黒っぽい色をしている食べ物や、北の地域で育つ食べ物、発酵食品、秋・冬に収穫される食べ物も、「陽性食品」に当てはまります。

 

陽性食品の例

 

ニンジン、ゴボウ、レンコン、大根、長ネギ、ニンニク、ニラ、ショウガ、サクランボ、リンゴ、柿、味噌、しょうゆ、納豆、漬物、チーズ、玄米、そば、かぼちゃ、赤身肉、黒ゴマ、卵、鮭など

 

 

【陰性の食品と?】

 

「陰性食品」とは、暖かい土地で育ったもので、身体を冷やす食品のことです。

また、色が薄い食べ物や水分が多いもの、夏に収穫される食べ物も、「陰性食品」に入ります。

 

【陰性食品の

 

キュウリ、ミカン、スイカ、ナス、トマト、バナナ、大豆製品、うどん、白米、白砂糖など

 

 

 

【「温かい飲み物=身体を温める」とは限らない !?】

 

寒さを感じると、冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲みたくなりますよね。

しかし、温かい飲み物だからといって、必ずしも身体を温めるものだとは限りません。飲み物も食べ物と同じく「陽性食品」と「陰性食品」に分けられ、身体を冷やしてしまうものもあります。

 

例えばコーヒーを挙げてみましょう。特にお仕事に励んでいる方の中には、寒さを感じるとつい、ホットコーヒーを飲みたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は、コーヒーは中東やアフリカなどの気温が高い国で育った作物ですので、「陰性食品」の仲間です。

身体を温めたい時にはぜひ、陽性食品に当てはまる飲み物をおすすめします。

 

陽性食品に当てはまる飲み物

 

    ココア

    紅茶

    ショウガ湯

    ホットワイン(赤ワイン)

    黒玄米茶

    黒豆茶

    ほうじ茶

    ウーロン茶

 

陰性食品に当てはまる飲み物

 

    コーヒー

    緑茶

    牛乳

    清涼飲料水

 

 

当院では、身体の冷えが解消できる「骨盤矯正」を提供しております!

食事や生活習慣の改善などで身体の冷えは治せますが、ご自身一人でそれをコツコツ行うのは大変ですよね。

当院の施術を受けることで、効率よく体質改善を目指していくことができます。

お悩みの方は当院まで、お気軽にご相談ください。



NEW

  • 【大宮整骨院 お尻や足のしびれ】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/21
  • 【大宮整骨院 梅雨時の坐骨神経痛】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/16
  • 【大宮 整骨院 梅雨のだるさ】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/14
  • 【大宮整骨院 睡眠の質】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/06/02
  • 【大宮整骨院 いい汗かいてますか?】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/05/30

CATEGORY

ARCHIVE