大宮整骨院【肉離れ】くしひき整骨院

query_builder 2021/12/29
ブログ
1232715_s

冬に多い肉離れ!その対処法とは?

 

【肉離れと?】

 

肉離れとは、筋肉が収縮しようとした時に引き伸ばされる力が加わることで、筋繊維や筋膜が部分的に、もしくは完全に断裂・損傷してしまう状態のことです。また、「肉離れ」という名前は一般的な呼び方で、正式には「筋挫傷(きんざしょう)」と呼びます。

特に、太ももの後ろにあるハムストリングスや前面にある大腿四頭筋、太ももの内側にある内転筋、ふくらはぎの下腿三頭筋など、下半身の筋肉に起こりやすい傾向があります。

そのため、陸上競技や野球、バレーボール、テニス、サッカーなどのような、走ったりジャンプしたりするスポーツは肉離れになりやすいです。

 

【肉離れが起こりやすい場面】

 

気温が低い時

 

雨が降っていたり気温が低かったりすると筋肉が冷えてしまうため、肉離れが起こりやすいです。特に冬は夏と比べて、肉離れが起こりやすいシーズンです。

 

 

ストレッチ・準備運動が足りていない

 

準備運動で筋肉をほぐさないと、血行が促進されず、筋肉が硬い状態のままになってしまいます。そこで急激に身体を動かしてしまうと、筋肉は急激な動きに耐えられなくなるため、肉離れを引き起こします。

特に冬は肉離れが起こりやすい時期なので、他の時期よりも入念に行いましょう。

 

間違ったフォームを行っている

 

間違ったフォームが癖になると、下半身の筋肉に大きな負担がかかってしまい、肉離れを引き起こしやすくなります。定期的にご自身のフォームを見直すことで、予防することが重要です。

 

水分不足

 

体内の水分が不足すると筋肉に十分な水分が行き届かなくなります。水分の量が不足した筋肉は柔軟性が落ちてしまい、硬くなるため、肉離れを引き起こしやすい状態になります。

また、お酒を飲んだ後の場合でも、水分が失われやすくなるため、肉離れになりやすいです。

 

コンディションが良くない

 

疲れが残っている時も肉離れは起こりやすいです。

睡眠はきちんと取り、疲労を残さないようにしましょう。

 

【肉離れの対処法

 

肉離れが起こった直後は、腫れや内出血などが出ることがあまりありません。とはいえ、放置は禁物です!速やかに患部を20分~30分程度冷やし、安静にして過ごしてください

冷やしすぎると凍傷になってしまうので、冷やす時間には気を付けましょう!

 

また、肉離れを起こした部位の筋肉は伸ばさないようにしてください。

 

 

くしひき整骨院では、肉離れのような怪我が早く回復できるよう、再発防止のアドバイスやリハビリに対応しております。

頭痛や肩こり、骨盤の歪みなど、他の不調のご相談も大歓迎です!

お気軽にご相談ください。

NEW

  • 【大宮整骨院 冬の関節痛】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/18
  • 【大宮整骨院冬の栄養失調】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/17
  • 【大宮整骨院 寒暖差疲労】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/14
  • 【大宮整骨院冬は神経痛が起きやすい】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/13
  • 【大宮整骨院肩こり首こりに猫背矯正】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/13

CATEGORY

ARCHIVE