大宮整骨院【年末年始のケガ】くしひき整骨院

query_builder 2021/12/30
ブログ
2396349_s


年末年始の怪我(打撲・捻挫など)には気を付けましょう

 

年末年始になるとお酒を飲む機会が多くなりますよね。中には、ご自宅の大掃除を頑張りたい方もいらっしゃるかと思います。

しかしこの時期は、つい飲みすぎて酔っ払っている時や、大掃除に夢中になっている時などに、打撲や捻挫、肉離れなどの怪我を起こしてしまう方が多くなるシーズンです。

 

東京消防署によりますと、12月は大掃除中に怪我をして、緊急搬送される人が最も多い時期だと報告されています。

 

そこで今回は、怪我した時にやってはいけないことを解説していきます。

怪我なく、無事に新年を気持ちよく迎えましょう!

 

【怪我をした時にやってはいけないこと

 

お酒を飲む

お酒を飲むと血液の循環が良くなるため、出血が促進されて炎症がひどくなり、痛みが強くなります。そのため、打撲や捻挫、肉離れなどの怪我をしている間は、禁酒する必要があります。

また、お酒には筋肉の疲労回復を遅らせることもあるため、運動を行っている方は普段から飲酒量に気を付けましょう

 

お風呂

風呂に入ると炎症によって熱を持っている患部に、熱をさらに加えてしまうので、炎症がひどくなります。怪我が治るまでの間は湯船に浸からず、シャワー程度に抑えておきましょう。

 

【自宅で怪我してしまったら?】


 打撲や捻挫、肉離れなどの怪我を起こした当日から三日までの間は、患部を冷やす(アイシング)必要があります。怪我した直後に冷やすことで、血管が収縮して腫れや出血がおさまり、痛みを引き起こす炎症物質の生成を抑制させることができます。

氷と水を入れた氷のうを作り、患部を1520分(一時間おきに)冷やしておきましょう。

打撲を起こした場合はアイシングと一緒に、患部を優しくストレッチしましょう。

ただし、捻挫や肉離れの場合は、患部を伸ばさずにアイシングしてください。

 

 

【自己判断は禁物!】

 

くしひき整骨院では、転倒による打撲や怪我などが少しでも早く回復できるよう、患部のケアやリハビリなどを行っております。

 

特に、打撲や捻挫を起こした方の中には、「実は骨折していた……」といったケースも少なくありません。処置が遅れるほど治療が難しくなったり、後遺症が残ってしまったりする恐れがあるため、「これくらい大丈夫だろう」と放置するのは大変危険です。

 

少しでも違和感や痛みがありましたら、お気軽にご相談ください。


NEW

  • 【大宮整骨院 冬の関節痛】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/18
  • 【大宮整骨院冬の栄養失調】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/17
  • 【大宮整骨院 寒暖差疲労】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/14
  • 【大宮整骨院冬は神経痛が起きやすい】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/13
  • 【大宮整骨院肩こり首こりに猫背矯正】大宮くしひき整骨院

    query_builder 2022/01/13

CATEGORY

ARCHIVE