秋の七草|大宮西口くしひき整骨院

query_builder 2020/10/21
ブログ
桔梗

大宮西口くしひき整骨院の西澤です。

秋晴れが気持ちの良い朝です。

過ごしやすいこんな陽気がしばらく続いてほしいと

おもいながら・・・


今日はおもいつきで秋の七草についてかきます。


秋には眺めて楽しむ「秋の七草」があります。

「七草粥」に用いられる春の七草のようの食べるものではありません。


万葉集に山上憶良の歌に秋の野の花を描写したものがあり

rここから「秋の七草」という考え方が広まっていったということ


秋の七草は、

萩(はぎ)・尾花(おばな)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・

女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)



秋の七草は旧暦の七夕に供える花として扱われたり、

文学や絵巻物にもしばしば描かれたりするなど、

昔の人々にとっては大変身近な草花でした。


世界最古の長編小説として有名な『源氏物語』にも

「藤袴」という巻があるほどです。

秋の七草の特徴と見つけ方をご紹介します。

「尾花」はススキ~尾花はふわふわとした穂先

「女郎花」は菜の花に似た黄色い小花~雑草として近所に生えているかもしれません。

「撫子」はピンク色の花~庭や公園に植えられていることもあるようです。

「萩」はにも多く用いられてきた

「葛」は、長い蔓と濃紺紫色の花。豆に似た形の花食用としてもおなじみ

「藤袴」と「桔梗」は近年自生数が減っており、絶滅危惧種に指定されています。花の時期になると切花がお花屋さんに並ぶので、秋の七草を揃えたいときは生花店を活用すると良さそうです。

今日は青空が気持ち良い朝です


お散歩で草花を楽しむのも気持ちがよさそうですね!

NEW

  • マヤ暦から読み解く今日の過ごし方~K148

    query_builder 2021/05/11
  • マヤ暦から読み解く今日の過ごし方~K143

    query_builder 2021/05/06
  • スタッフより1周年の想い

    query_builder 2021/05/06
  • query_builder 2021/05/06
  • マヤ暦から読み解く今日の過ごし方~K135

    query_builder 2021/04/28

CATEGORY

ARCHIVE